フォ━━━━ヾ(*●Д●)ノ゙━━━━!!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月20日 (火) | Edit |
こんにちわヾ(*●Д●)ノ゙
ここでは対戦について書いていきます。

ネット対戦では、63という初めにお互いが6匹見せ合って、
その中からお互い3匹選び対戦するというやり方です。

以前に作ったパーティで考えて見ます。
記事はこちら
瞑想フーディンパ

相手の構成がこのようなパーティだった場合
065.gif373.gif598.gif
593.gif  448.gif 473.gif

対戦の進め方について説明します。
こっちの先発はゴウカザル
技構成
大文字/草結び/ストーンエッジ/インファイト
392.gif
相手が、先発ナットレイだったとします。
598.gif

初手の対面では出し勝ちしてる状況です。
ここで大文字(炎)かインファイト(格闘)で抜群とれます。
しかし後ろのポケモンを考えると、ナットレイの弱点である炎格闘を受けるため、
ブルンゲルやボーマンダが出てくる可能性があります。

技の選択
大文字
相手が交換しないと読んだ場合はナットレイを落とせるか、かなりのダメージを与えることができます。
また交代されても炎無効のポケモンが相手にいないため、様子見の安定行動ともいえます。
守られても、次のターンで相手は大文字を見て居座るのは勇気がいる選択になるため、見せておいて損はないと思います。
特殊型というのがばれる可能性もありますが、型が多いゴウカザルには、そこまでデメリットにはなりません。

草結び
ブルンゲルへの交代をピンポイントで読むなら草結びです。
しかし居座られた場合や、マンダが出てきた場合はダメージが期待できません。
ブルンゲルがでてきた場合は草結びが一番アドバンテージがとれます。

初手で草結びを打たずにブルンゲルに交換された場合は、こちらが交代しないと倒される状況になります。

ストーンエッジ
命中率には不安がありますが、この場合出てくる可能性が高いブルンゲル(等倍)ボーマンダ(抜群)なので
交換先に負担はかけられます。しかしボーマンダは特性がいかくのため、ダメージはあまり期待できないですね。

相手からすると、めざめるパワー(氷)持ちのサルも多いためボーマンダに交換してくる場合拘りスカーフの可能性もあります。
大文字を受けて、スカーフで抜いて飛行技やドラゴン技が飛んでくる可能性もあります。

インファイト
出てくる可能性の高いブルンゲル、ボーマンダに効果が薄く、居座り1点読みでも大文字のほうがいいです。
命中率でインファイトを打つ場面でもないです。

交換読み交換
もしこっちの裏にユキノオー@襷(氷草)がいる場合、ブルンゲルボーマンダとの対面を作れるので
おいしい交換になります。ただ、居座り守るやみがわりなどもある為、安定はしない。

相手側の考え方
ゴウカザルは相手からすれば受けずらいポケモンです。
覚える技が多く、どのポケモンを出しても抜群をとられる可能性があります。
その為にナットレイで守るをして、何をしてくるか見てくる可能性があります。

このように相手の交換や裏のポケモンを読んで、
ダメージを蓄積させていくことがポケモンバトルのおもしろいところでもあります。
対面で有利な技ばっかり打っていても勝てませんφ(..)
バトルは1対1ではありません3対3です

以上のことを繰り返して、ブルンゲルを突破したとします。
こっちがゴウカザルで相手がナットレイ、裏にルカリオになった場合
598.gif448.gif
今まで炎を受けていたブルンゲルがいないため、炎と格闘の一貫性がでてきます。
ナットレイのHPにもよりますが、インファイトでも持っていける範囲になっているならば、
命中率の高いインファイトが安定となります。
ただし、インファイトは防御を下げるため、次にでてきたルカリオの神速で持っていかれる可能性がでてきます。
もし自分の裏でルカリオが処理できない場合は大文字のほうがいい時もあります。
裏でルカリオを狩れるならば、確実にインファイトを当てるのがいいと思います。

後は対戦を重ねて、相手の技や型を覚えていくことが重要となります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

推し!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。