フォ━━━━ヾ(*●Д●)ノ゙━━━━!!!!
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年06月02日 (木) | Edit |
タイトル通りです。

ネット対戦で勝つために、知っておかなければない事!
初心者向けです。

まずはこれ
ステータスについてです。
BWのステータスには

HP=H

こうげき=A

ぼうぎょ=B

とくしゅこうげき=C

とくしゅぼうぎょ=D

すばやさ=S

この6個のステータスがあります。今後アルファベットで書きます。
ステータスを決定する式です。
※この式は覚えなくていいお!

HP
能力値=(種族値×2+個体値+努力値÷4)×レベル÷100+レベル+10

それ以外のステータス
能力値={(種族値×2+個体値+努力値÷4)×レベル÷100+5}×性格補正

種族値とは
ポケモンの種類ごとに各『ステータス』別に能力値の基準となる、種族値という隠し数値が設定されています。例えば、『コイキング』と『ミュウツー』が同じレベルでステータスが違うのはこの種族値が違うためです。

進化した時にステータスが上がるのは、種族値が上がっているため。

コイキング H20 A10 B55 C15 D20 S80
ミュウツー H106 A110 B90 C154 D90 S130
このぐらい違います。
600族というのは、この合計の種族値が600のポケモンの事をいいます。

固体値とは
ポケモン1匹1匹の各ステータスには、個体値という隠し数値が存在します。
同じポケモンを捕まえても、毎回ステータスが違うのはこのためです。

固体値が決まるのは、ポケモンと遭遇した時、または『タマゴ』を受け取った時に、能力ごとに0~31の間でランダムに決められています。これは、生まれ持ったポケモンの才能みたいなもので、以降変化しません。

ここでよく言われてるのが、最大個体値である【31】を「V」と表現します。【30】を「U」と表現します。
6V=6個のステータスが31 最高の能力をもっていることになります。
また、HABCDSで6V、habcdsで6Uのように表します。

ちなみに、6Vのポケモンと野生で遭遇する確立は
1/1073741824です。


普通にプレイしていれば、捕まえられないと言っていい確率です。

そこで使われるのが、タマゴによる孵化です。

乱数調整をする事で、すべての固体値を31にすることもできます。
乱数については、慣れてからでもいいと思います。

孵化の特徴
「そだてやさん」から受け取ったタマゴを孵化させるとポケモンが産まれますが、
産まれてくるポケモンはその親の個体値の一部遺伝してきます。

個体値が遺伝する能力はランダムに3つです。
親1体につきHP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさの6つの能力があるので、
両親だと合計12能力あることになりますが、
その合計12能力のうち3つの能力がランダムに選ばれて、その個体値が子に遺伝します。
残りの3つは0~31のランダムで決まります。

もし両方の親が6Vの場合
最低でも2Vができます。
※HHCなどの様に、同じ能力が遺伝した場合は2Vです。HBCの様に3箇所遺伝すれば3Vとなります。

これでも好きな箇所を遺伝させるのは大変です。
そこで使うのがこれ
道具遺伝する位置
パワーウエイトHP
パワーリスト攻撃
パワーベルト防御
パワーレンズ特功
パワーバンド特防
パワーアンクルすばやさ


このアイテムを、遺伝させたい固体値を持つ親に持たせてタマゴを生ませることで
確実に遺伝できます。両親に持たせても、片方しか遺伝しません。

固体値を調べるには
①クリア後に、ライモンシティのバトルサブウェイに固体値を判定してくれるNPCがいます。
そこで大体の固体値を割り出すことができます。

②バトルサブウェイの50レベ対戦に固体値を図りたいポケモンを連れて行きます。
(できれば戦闘してない状態がベスト)
そうすると自動的に50レベルのステータスになっているので、そこでステータスをこのサイトに打ち込む。
固体値判定

③個性で判断する。
個性とは、ステータスの中で一番高いステータスによって決まります。同じ場合は、ランダムでどちらかが採用されます。
HP・・・ひるねをよくする。
こうげき・・・あばれることがすき。
ぼうぎょ・・・うたれづよい。
とくこう・・・イタズラがすき。
とくぼう・・・ちょっぴりみえっぱり。
すばやさ・・・ものおとにびんかん。

この場合に各ステータスの固体値が31、26、21、16、11、6、1のどれかになります。
※③だけでは31かどうかは判断できないので、目安程度にしかなりませんお。

このようにして、固体値を遺伝させていく事で3Vぐらいなら狙う事ができます。

性格とは
ポケモンの性格により、ステータスに補正が付きます。
そだてやでタマゴを作る時、かわらずの石を持たせておけば、持たせた親の性格を50%で遺伝します
上昇補正が付けば通常の1.1倍、抑制補正が付けば通常の0.9倍(それぞれ計算後小数点以下切捨て)。
性格はポケモンと出会った時、あるいはポケモンの『タマゴ』を手に入れた時に基本的にランダムに決定されます。今後性格は変化しません。
性格補正

基本的には、長所を伸ばしていらないところを下げるのがいいと思います。

努力値とは
ポケモンバトルでポケモンを倒すと『経験値』がもらえますが、それとは別に努力値と呼ばれる隠し数値を収得しています。ゲーム中では、『きそポイント』と呼ばれているものと考えて良いでしょう。努力値は各能力ごとに別々に加算されていき、高ければ高い程、能力値も高くなります。

と言ってもよくわからないと思う。
努力値=団子とします。

ワンリキーを倒した時(経験値もらったと同時)に、攻撃の団子が1個手に入ります。
(これはワンリキーを倒したならLv1でも100でも1個です。)
この攻撃団子を4つ集めるとステータスの攻撃が1あがります。なので4匹ワンリキーを倒すと1上がります。
(正確には4つで上がらない時もありますが、ここでは4つで1上がるとします)

この様に、ワンリキーなど攻撃が上がるポケモンだけを倒していれば、攻撃が高いポケモンができあがります。
しかし、努力値には限度があります。
HABCDS合わせて、510までしか集められません。
また1種類の団子は255個までしか集めれません。(4個で1上がるため、252より多く振るのは無駄になります。)

振り分け方の一例
A252+S252+H4=508
このように2つをぶっぱしてあまりを4振る事で「ASぶっぱのあまりHP振り」になります。
これはアタッカーに使われる一例です。

最初はこのような振り方でいいと思いますが、慣れてくれば調整などが必要に感じてきます。

努力値は戦闘以外でも、タウリンなどのドーピングを行う事であげる事もできます。タウリンなどは努力値10上がります。団子10個分です。
しかし努力値が100までしかあげる事ができません。

また、ポケルス状態になることで、倒した時に手に入る努力値を2倍にすることができます。

戦闘時に以下の道具を装備していることで、+4されます。
道具努力値が増える部分
パワーウエイトHP
パワーリスト攻撃
パワーベルト防御
パワーレンズ特功
パワーバンド特防
パワーアンクルすばやさ


ポケルス+パワー○○で
(努力値1のポケモン+4)×2=10となります。

このように固体値、努力値、性格を意識して育てることが重要になります。

①ではステータスの意味がわかればいいかな
次で実際の育て方について書きます。
②へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

推し!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。